「がんは、万が一ではなく二分の一」は本当なの?調べてみた

万が一じゃなく二分の一|ACジャパン
テレビCMでよく見かけます。
どんな意図のCMなのでしょうか?

調べたところ、ACジャパンサイトに説明が掲載されていました。

「二人に一人が、がんになる」といわれる今の時代、「決して他人事ではない」という事実を、いかに印象的に伝えるかということに重きを置いた企画です。「万が一」という言葉と「二分の一」という言葉を効果的に用いて、がんを自分事として強く認識してもらうことで、がん検診の受診率向上につなげることを目指しています。

万が一じゃなく二分の一|ACジャパンより引用

本当に2人に1人がガンになるの?

その説が正しいとすると、夫婦のどちらかはガンになりうると。
四人家族ならそのうち2人が。会社だったらその半分がガンにかかることになります。

私の家族にガンはいません。
たくさんいる親戚のうち伯母が1人ガンにかかった、ぐらいです。
ちなみに伯母は10年前に手術を受けていまも健全です。

本当に2人に1人がガンになるの?

結論から言うと、本当でした。

国立がん研究所センターが「2人に1人」と言っていた

「2人に1人」の元データはどこにあるのか?
それは『国立がん研究所センター がん情報サービス』の「最新がん統計」で公表されていました。

ガンで死亡する確率(累積死亡リスク)として算出していますね。
全がんだけ引用します。

生涯がんで死亡する確率
男性:62%、女性:47%

つまり、男女ともに2人に1人が生涯でがんで死亡するということになります。

「がんは、万が一じゃなく二分の一」は本当だったということですね。

年齢別にみると累積死亡率は下がる

ところが、年齢別に見ると話は変わってきます。
それでは、年齢別に見てみましょう。
現在の年齢で生涯がんで死亡する確率を抜粋します。

▼男性

現在の年齢10年後20年後30年後40年後50年後60年後70年後80年後生涯
0歳0.0%0.0%0.1%0.2%0.5%2%6%14%25%
10歳0.0%0.1%0.2%0.5%2%6%14% 25%
20歳0.0%0.1%0.5%2%6%14%  25%
30歳0.1%0.4%2%6%14%   25%
40歳0.3%2%6%14%    25%
50歳1%6%14%     25%
60歳5%13%      24%
70歳10%       22%
80歳        16%

▼女性

現在の年齢10年後20年後30年後40年後50年後60年後70年後80年後生涯
0歳0.0%0.0%0.1%0.2%0.7%2%4%8%15%
10歳0.0%0.1%0.2%0.7%2%4%8% 15%
20歳0.0%0.2%0.6%2%4%8%  15%
30歳0.1%0.6%2%4%8%   15%
40歳0.5%2%4%8%    15%
50歳1%4%8%     15%
60歳2%7%      14%
70歳4%       12%
80歳        9%

引用元:『国立がん研究所センター がん情報サービス』の「最新がん統計

生涯死亡リスクだけを見ると「割と高い方?」と感じてしまいますが、10年後、20年後、30年後の確率を見るとそうでもないことがわかります。

例えば、いま30歳で60歳までにガンにかかって死亡する確率は、男女ともにであれば2%です。100人に2人ですね。

2%を高リスクとみるか低リスクとみるかは人それぞれです。
しかし、20〜40歳代の人が「2人に1人」という言葉に慌てる必要は全くありません。

フォローお願いします