儲かる!フランチャイズビジネス『がっちりマンデー!』

今日の『がっちりマンデー!』のテーマは、フランチャイズビジネスでした。
儲かっているフランチャイズビジネスを扱っている企業3つが紹介されました。
他業界のノウハウを知ることはとても刺激になります。

コインランドリーのフランチャイズ

最初は、山口県宇部市にある中央サービスという会社です。
中央サービスは「洗っときます!」というブランドで、西日本を中心に直営で12店舗、フランチャイズで98店舗を展開するコインランドリーチェーンです。

トレーラーに載せて建物ごと移動ができる

このコインランドリーが他と違うのかというと、一つは、トレーラーに載せて移動ができます。設置するのは結構簡単で建物ごとクレーンでつり上げてから置きたい場所におろして、ボトルで固定し、電気と水道を繋げて看板を掲げたら完成です。

安く作れる

通常のコインランドリーですと4000万ぐらいかかってしまいますが、 中央サービスの移動ができるコインランドリーであれば2000万円以下でできます。
工場でコンテナ形式の箱の中に洗濯機と乾燥機を取り付けたら、運んで設置するだけなので建物てからコインランドリーにするよりもコストが大幅に下げられます。

フランチャイズのオーナーさんは本部の中央サービスから2000万円で、この移動式店舗を買えばすぐにお店が始められちゃいます。
「 加盟金もロイヤリティも一切いただいておりません。フランチャイズオーナーさんに儲けていただきたいので!」

「洗っときます!」のフランチャイズオーナーになるには移動式店舗を購入するだけで良いのです

  • 移動式店舗:2000万円
  • 加盟金:なし
  • ロイヤリティ:なし

山口県内で6店舗の「洗っときます!」を経営するフランチャイズオーナーさん。
現在の売り上げは、月平均50万円で年間600万円の売り上げ、そこから光熱費・水道料金・土地の使用料を払ってもだいたい4年で2000万円の元が取れる計算だとか。

他の場所に移動できる

移動式の最大のメリットは、その場所に客が来なければに店ごとと引っ越せることです。
しかも、本部の中央サービスはとても良い場所を見つけてくれるんです。
スーパーの駐車場やコンビニの駐車場にも非常にコンパクトなので置くことができます。

スーパーに置きますと、スーパーさんの駐車場ですのでお客様の認識が早いです。
買い物ついでに洗濯物を持ってきてコインランドリーを使ってくれます。
スーパーの方にもごメリットがあり、雨の日に弱いスーパーでも、コインランドリーを使うついでにスーパーを利用してもらっているので非常に大きな売り上げ増に繋がる大変大きなメリットになっています。

スーパーもフランチャイズオーナーもお客さんもWin-Winです。

さらなる加盟店の増加を目指す

本部の中央サービスは来年中には、今の倍200店舗の加盟を目指しています。

顔そり専門店のフランチャイズ「Beauty Face」

いまグングン店舗数を増やしているフランチャイズチェーンがあるらしい。
それが、「Beauty Face」です。
どんなフランチャイズなんでしょうか?

女性のためのお顔そりとエステの専門店です。
首都圏も中心に直営で34店舗、フランチャイズで49店舗を展開しています。

大阪市内にある「Beauty Face」のフランチャイズ店舗店、 何でもこの店だけで月に400万以上売り上げを上げているとか。

実はチェーン展開が難しい?!

実は、カミソリで顔を剃るには理容師の免許が必要です。女性の美容師は美容師と比べると圧倒的に少ない。だからお店を増やせなかったのです。

この大問題を解決したのが、「Beauty Face」を運営するリビアスの大石正博社長です。
「フランチャイズの社員さんでエステシャン採用された方は当社の学校でお預かりしてます。」

フランチャイズ店で採用されたエステティシャンや直営店舗に配属される新卒の女性たちが、少なくとも2年間通って理容師の国家資格を目指すのです。
通常2年間で210万円かかる学費のうち60万円を会社が負担してくれます。

「Beauty Face」のフランチャイズになるには

  • 加盟金が1店舗目は200万円、2店舗目から50万円
  • ベットやや備品等の購入費用が800万円〜1000万
  • ロイヤリティが売り上げの7%

が必要です。

「Beauty Face」は美容室やエステサロンなど計264店舗、内フランチャイズで147店舗を展開中です。

ユニテハウスの一戸建て住宅のフランチャイズ

山形県山形市にあるクリエイト礼文会社のフランチャイズです。
独自開発したユニテハウスの一戸建て住宅をフランチャイズ展開している会社です。
一戸建て住宅を年間900棟販売し、今東北地方で一番お家を売っているメーカーなんだとか。

四角い箱の家 ユニテハウス

それがユニテハウスというちょっと変わった家らしい。
四角い箱の家。
いわゆる横長の大きな箱型になっている家です。
2階建4LDKが標準でその値段が本体価格で1100円です(土地代別)。

やすさの秘密

ユニテハウスはなぜそんなに安いのか? ポイントはその形です。
ツーバイフォー工法という、一定あらかじめ工場で外壁や屋根を作ってから現場で組み立てるスタイルで、家の形が凹凸のない箱型なので建てるのが簡単です。
通常2週間はかかる建築作業が2日間で出来てしまいます。その分コストが下がって1100万円で提供できるわけです。

フランチャイズで売るのがポイント

ユニテハウスをフランチャイズで売るというのがポイント。
本部で全部作って売った方がいい気もしますが、何でそうしないのか?

直営でやるとやはり拠点で成功したら次…ということになりますが、フランチャイズであれば一気に広がります。つまり、全国に営業のネットワークがない本部にとっては自分たちで売るよりも各地の営業力のある会社に売ってもらった結果、儲かるという戦略なのです。

  • 加盟金:300万円
  • その都度本部から建築資材を購入し
  • ロイヤルティ:1棟建てるごとに8万円の支払い

現在全国で30社がユニテハウスに加盟、どんどん増えているらしいです。

今後のユニテハウスの目標

ユニデンハウスはこの先フランチャイズ加盟店150社、年間建築数を5000棟建てるっていうのが目標です。

クリエイト礼文さんは東北で他のハウスメーカーさんに煙たがれているとか(笑)

まとめ

今回はフランチャイズを展開している3つの会社の紹介でした。
「なかなか難しい、問題が多いところにビジオネスチャンスがある」とはよく言ったもので、ありそうでない、しかし発想を変えることでビジネスに発展できる。普段から問題を解決できないか考え続けることの大切さを学びました。

フォローお願いします