あのスミス親子が出演と話題になった『アフター・アース』【映画鑑賞】

2013年アメリカで放映されたSF映画『アフター・アース』。
本作は俳優ウィル・スミスとその息子ジェイデン・スミスが出演すると話題になった映画です。

親子共演ということで気になっていてようやく観ることができました。
息子のジェイデン・スミスが主演です。

映画のストーリーとしては物足りませんが、親子共演しているのを観るのを楽しむという考え方で見るのはアリだと思いました。

ストーリー

はじまり

地球に住めなくなった人間たちが新しい移住地として選んだ星には先住民がいました。
人間と先住民との戦いは激しくなり、先住民は「アーサ」という人間を殺す化け物を作り出したのです。
この生き物は視覚を持たず、人間の恐怖心が分泌するフェロモンを感知する。つまり恐怖をかぎ分けるのです。

そこで、総司令官サイファ・レイジが「アーサ」を恐れず、姿を消すことができる技を体得して「アーサ」を倒し、人々の英雄となりました。姿を消すその技を人は「ゴースト」と呼びました。

不慮の事故が起きる

総司令官の息子キタイがレンジャーになるための試験を受けるが、結果は不合格になってしまいます。
久方ぶりに帰ってくる父に良い報告ができず落ち込む息子。
そんな息子を汲んで父子で出かけることになったのです。

ところが、二人が乗船した飛行機が何らかの原因で故障し、やむなく近くにある星に緊急着陸することになりました。
その星は人間を殺すために進化した危険惑星であり、上陸が禁じられている星でした。
着陸に失敗し、飛行機は真っ二つに。奇跡的に父子だけが助かりました。

危険な惑星にひとり

緊急発信機で助けを呼びたいが、使える発信機が真っ二つになった船体後方にあり、父子がいる場所からかなり離れています。
総司令官である父は、足に怪我を負っていて身動きが取れませんでした。
そこで、息子であるキタイに託すことにしたのです。

レンジャーでもないキタイが船体後方までひとりで辿り着くことはとても困難なことであり、キタイは不安にかられますが、父の期待に応えようと勇気を振り絞ってひとり旅立ちます。

旅を通して急成長するキタイ

人を殺すために進化した惑星。
夜になれば氷点下となり、人間は凍え死んでしまう。
あらゆる生き物が人間を襲う。
空気は人間に合わず、定期的に薬を吸入しないといけない。その薬も残りわずか。

そんな環境に息子をひとり行かせる総司令官の心情はいかほどか。
そんな父の気持ちを知らずに反抗する息子。
その度に命を危険にさらしてしまう。

しかし、幾つもの危機を乗り越えるたびにキタイは確実に成長していきました。

ようやく緊急発信機を見つけ、仲間に助けを求めようとした時に「サーガ」が現れキタイを殺そうと襲います。
辛うじてかわすキタイですが、絶体絶命です。

こうした危険な状態で突然覚醒したキタイは「ゴースト」を体得し、「サーガ」を倒すことに成功しました。
無事惑星外にいる仲間に緊急発進を届けることができ、父子ともに助けられ命を取り留めました。

フォローお願いします