肌を美しつ保つ方法!美肌菌を増やして肌を整えよう『世界一受けたい授業』

2019/8/31放送の『世界一受けたい授業』。
美肌をテーマに挙げられていました。


皆さん、美肌菌を知っていますか?

肌には腸と同じく善玉菌悪玉菌などが存在します。
腸でいう善玉菌の働きをしているのが美肌菌です。

代表的なものが表皮ブドウ球菌であり、肌に潤いをもたらす救世主です。美肌菌を育てれば悪玉菌の増殖を抑制し、肌がみずみずしく保たれるのです。

そう教えてくれるのは、銀座ケイスキンクリニック院長 慶田朋子先生です。

肌の老化は太陽光が原因

肌にしみ・しわ・たるみができる原因のおよそ8割は、太陽光の影響によって起こる光老化といいます。

長時間太陽光線を浴び続けることで肌にシミ・たるみなどが現れます。
光老化のせいで最悪の場合、皮膚ガンになることあります。

ダメージを受けた夏肌のケアをしましょう。

美肌を保つ方法

まずは、美肌を保つ方法です。
美肌を保つためには美肌菌を増やして悪玉菌を減らすことが大切です。

しかし、カミソリで顔の毛を剃ると一気に美肌菌が失われてしまいます。
私たちの皮膚にはおよそ1000種類の細菌1兆個が住んでいます。

その中でも美肌菌は皮膚の一番外側にある角層の表面と隙間などに生息しています。
そのため、カミソリで表面にいる美肌菌が角層と一緒に一気にそぎ落とされてしまい潤いのない肌になってしまいます。

一度なくなってしまった美肌菌が回復するのに時間がかかります。
産毛が気になる方も多いと思いますが、カミソリを使用する頻度なるべく少なくすることをオススメします。

実は髭剃りも肌が毎日痛めつけられているので肌荒れしやすい方が多いです。
レーザー脱毛しちゃうのとかあるいはジェルをたっぷりつけるとだいぶ違うと思います。

腸を整える

美肌菌が住みやすい肌環境をつくるためには、腸内環境が改善することが大切です。肌と腸の環境は大きく関係しています。

腸内環境が改善すると肌の水分量が上がり、肌荒れが減るため美肌菌にとって住みやすい環境になるのです。

オススメの食材

そのために、腸内環境を整えてくれる先生オススメの食材があります。

それが乳酸菌たっぷりの無糖ヨーグルトです。
そこにプルーンやイチジクなど食物繊維が豊富なドライフルーツを入れると腸内環境がより整うのでよりオススメです。

正しい洗顔で美肌を保つ

もう一つ気をつけるべきことがございます。それは洗顔です。

15回顔に水をつけて顔の側面についた泡もきちんと落とす

洗顔料を落とす時に5回しか水をつけないと顔の中心は落ちるけれども、生え際とか首に泡が残っています。
そういうところは顔を傾けてパーツで洗っていかないといけません。
そうすると15回ぐらいは続いていただく形が良いと思います。

最後に冷水で洗わなくて大丈夫

最近わかってることで肌の温度を下げることで肌の潤い物質が蒸発しやすくなるということがわかっています。
冷たい水ではなく人肌くらいの温度の水で洗えばOKです。

タオルで優しく水分を取る

洗顔が終わった後にタオルで顔を拭く時にゴシゴシと拭いてしまうと、カミソリほどではないけどタオルの繊維でこすってしまうことで美肌菌を奪ってしまうことになります。
タオルで優しく押さえて水分を取れれば大丈夫です。

間違ったやり方で洗顔してしまうと肌がカサカサになり荒れてしまいます。
個人差はありますが、正しい洗顔を続けると、美しい肌へ変わってきます。

お肌に良いオススメの食べ物は「鮭」

紫外線によるシミを防ぐアスタキサンチンというのがあります。
アスタキサンチンが多く含まれている食材はです。

鮭には肌のダメージを修復する働きがあり、また秋は旬ですのでとてもオススメの食材です。
紫外線の浴びると細胞などにダメージを与える活性酸素が体内に大量発生します。

この活性酸素が黒い色素であるメラニンを過剰に作ることでシミができます。
そんなシミ予防に力を発揮するのがこれからシーズンを迎える食材のです。

鮭に含まれる赤い色素のアスタキサンチンは最強の抗酸化物質と言われるほど、抗酸化力が強い成分です。
このアスタキサンチンがシミやシワの原因となる活性酸素を除去してくれることで、紫外線による肌ダメージを軽減することができます。

肌のくすみにはヨーグルトが良い

そしてもう一つ、紫外線のダメージで気になるのが肌のくすみです。

ヨーグルトに含まれている乳酸菌は肌の新陳代謝を促します。
肌は4週間新しい表皮に生まれ変わり、さらに2週間で古い角層が剥がれ落ちます。これをターンオーバーといいます。

ヨーグルトの乳酸菌肌の新陳代謝を通じターンオーバーの周期を整えて綺麗な肌を保つことができるのです。

肌のくすみ解消『ヨーグルトパック』

用意するのは無糖もプレーンヨーグルト。

  1. まずぬるま湯で洗顔して顔の汚れを落とします。
  2. ヨーグルトを顔全体にまんべんなく塗り、
  3. 5分~10分ほど置きます。
  4. 最後は綺麗に洗い流します。

ヨーグルトパックを週に3回程度行うと、わずか2週間だけで肌が明るくなったというデータもあります。

もちろんアレルギーで合わない方もいらっしゃるので目立たないところで塗ってパッチテストしていただいてからぜひ行うようになさって下さい。

あとがき

先生の肌がとても綺麗で年齢より若く見えたのでとても説得力がありました。
ヨーグルトパックやってみようかなぁ。

肌を美しく保つにはそれなりに努力が必要ということですね。

実は洗顔のタイミングにいつも迷います。
やりすぎは良くないと聞いたことがあるので、今は夜だけ洗顔するようにしています。

本当にこれで良いのか? むむ。

フォローお願いします