ダイエットに効果あり?!舌の脂肪味を取り戻せ!『世界一受けたい授業』

2019/10/12放送の『世界一受けたい授業』。
ダイエット、舌の脂肪味がテーマです。


近年の最新研究によって肥満の新たな原因が判明しました。
ダイエットが続かず痩せられない原因はにありました。

痩せようと思っていてもつい食べてしまい、やってられない。
それは意思の弱さではありません。

舌にある第六の味覚「脂肪味」が原因だったのです。
脂肪味を改善させることによって、脳卒中心筋梗塞などの病気を予防することができます。

教えてくれるのは東京歯科大学準教授 安松啓子先生です。

脂肪味

脂肪味とは、甘味などの五つの基本の味に加わる第6の味覚です。
脂肪味があることによって、お肉や魚などの脂の味を感じることができます。

脂っこい料理をたくさん食べる人はこの脂肪味が鈍感になっていて脂の味を感じることができない人なのです。

この脂肪味は誰でも簡単に鈍感になってしまいます。
油分の過剰摂取つまり、脂っこいものを多く食べるとすると脂を感じにくくなり、より多く食べてしまうのです。
しかも、脂肪味が鈍ると満腹感も鈍くなり、より食べ過ぎてしまいます。

通常、食べ物を食べて様々な味を脳が感じることで、消化活動が始まり、続いて満腹ホルモンが分泌されて満腹感が得られます。
しかし脂肪味が鈍感になると脳からの消化活動の司令が遅れ、満腹ホルモンの分泌も遅れてしまうのです。
その結果、なかなか満腹感を得られず食べ過ぎてしまいます。

日頃から脂っこいものを1日2食以上摂っている人は要注意です。

脂肪味が鈍感になる原因

脂肪味が鈍感になる原因は二つあります。

  • 油を取りすぎる
  • 食事を抜く

過度な食事制限はかえって逆効果になります。
そういう状態だとホルモンバランスが変わり、脂肪味に対しても鈍感になってしまうというメカニズムです。

脂肪味を取り戻す方法

食事法

鈍感になってしまった脂肪味にはたった10日で元の味覚に戻すことができます。
その方法はシンプルで、油物を10日間控えるだけで味覚が改善されます。

  • 1食で脂質が20gを超えないこと
  • 揚げ物・肉・カレー・乳製品の摂食禁止

ブラッシング

食事以外で鈍感になった味覚を元に戻す簡単な方法があります。
それはは「舌のブラッシング」です。

舌に汚れが付着しており、それを「舌苔」といいます。
それを落としてあげます。

強くブラッシングすると舌を痛めてしまうので、市販の舌専用ブラシでやさしく真ん中に書いて左右に2回ずつぐらいで磨けばOKです。

あとがき

テレビでは俳優・勝矢さんが10日間油物を控える生活を送っていまして、10日後には脂肪味を取り戻し、体重も5キロ減少しました。
ダイエットに効果的であることが証明されました。

実はこの方法はデータが少なく、ダイエットに効果があるかどうかはまだわかっていないらしく、その方法を教えていた先生もこの結果に非常に驚いていました。

10日間も油物を抜くと考えるととても辛いですが、10日後には味覚を取り戻してより美味しくご飯が食べられると思うと魅力的かもしれません。

フォローお願いします