【韓流ドラマ】『100日の郎君様』感想

韓国王道の朝鮮王朝時代ドラマです。

世子が記憶を失い、庶民の娘ホンシムと結婚をさせられて庶民の生活を強いられます。
記憶を失っても中身は世子のままであり、言葉遣いも振る舞いも世子そのものです。

貴族に対してへりくだる必要があるのに「俺は人に頭を下げない身分だった…気がする」と訳のわからないことを言っては勝手振る舞いをして貴族に目をつけられます。
もちろん庶民の常識が全く通じません。

そんな彼を周りの村人がハラハラしながらもホンシムのために庶民としての振る舞いや身のなり方を根気強く教えようとします。
主人公の世子のワガママ・ダメダメっぷり、そして周りが世子に巻き込まれて毎度騒ぎになるというコメディ感が面白おかしく楽しい展開になっています。

そして世子の身分を知られて宮殿に連れ戻される後半からはシリアスな展開になり、ドキドキハラハラそしてウルウルが止まりません。

主演

イ・ユル/ウォンドゥク:ド・ギョンス(EXO-D.O.)
ユン・イソ/ホンシム:ナム・ジヒョン

ストーリー

主人公イ・ユルは聡明な世子(セジャ:王位継承者)だが孤独を抱え、いつも不機嫌で笑顔を見せない青年です。
ユルの父が重臣キム・チャオンと結託して謀反を起こして王座を奪い、さらにユルの母を邪魔者として葬られてしまいます。
そんな過去がユルの心を閉ざしていたのです。

キム・チャオンの娘と政略結婚をさせられ、世子嬪にも心を開かず己に触れることすら許さず冷たい態度をとり続けます。
そんな中、朝鮮に雨が降らないのは世子に跡継ぎが生まれないからだと家臣にとがめられたイ・ユルは腹立ち紛れにに国中の独身者に結婚するよう命を出します。

その後、世子嬪や周りの様子がおかしいことから独自で調査を進め、世子嬪が身ごもっていると知ります。
世子は直ちに父である国王に相談しに行くのですが、国王は息子の悩みに聞く耳を持たず「余の代わりに雨乞いの儀式に行け」と命じます。
しかたなく国王の代わりに雨乞いの儀式に向かうユルでしたが、その道中にキム・チャオンの手下の暗殺者に命を狙われてしまいます。

命からがら逃げ出しましたが、肩に矢を貫かれて影から転げ落ちて意識を失います。
運良く一人の村人に助けられましたが、一切の記憶を失い、自分自身が何者かもわからなくなってしまいます。

ユルを助けた村人には一人娘ホンシムがいました。
ユルが出した命のせいで貴族の老人と結婚させられそうになり、娘ホンシムを助けるためにとっさにユルを婚約者「ウォンドゥク」と仕立て上げて二人を結婚させます。

ユルとホンシムはかりそめの夫婦となりますが、ユル(ウォンドゥク)は記憶がなくても中味は高貴な世子のままです。
庶民の暮らしにはなじめず、まともに働けず、ホンシムが作る食事を「動物のエサだ」と文句ばかりです。
そんな郎君(=夫)にホンシムもイライラが募ります。

最初は役に立たないごくつぶしの夫にイライラしていたホンシムでしたが、記憶はなくしても聰明なままであるユル(ウォンドゥク)に惹かれ始めます。
ユル(ウォンドゥク)もまた彼女にトキメキを覚え、何かと気にかけてくれる村人たちに心を開き笑顔を取り戻しつつありました。

二人が夫婦になって100日目、二人がお互いに思い合っていることを確認できた矢先、ウォンドゥクが世子ユルであると気づいたキム・チャオンがさらなる陰謀のためにユルを記憶喪失のまま宮殿へと連れ戻します。
あんなに庶民暮らしに馴染めなかったユルでしたが、宮殿に連れ戻され高級な布を身にまとい豪華なご馳走が目の前に並んでも、心は常にホンシムにあり、ホンシムの元に帰りたいと思いを馳せます。

突然離れ離れとなったホンシムとユル。
キム・チャオンの陰謀とは?
世子嬪のお腹の子の父は誰なのか?
ホンシムとユルの前に立ちはだかるいくつもの試練。
2人は一体どうなってしまうのか…

トキメキと涙あふれる運命の恋の物語でした。

フォローお願いします