なぜ街路樹はイチョウが多いの?『チコちゃんに叱られる!』

2019/12/27放送の『チコちゃんに叱られる!』
さだまさしさん、萬田久子さん、高橋みなみさんをゲストに迎えています。

チコちゃん「なぜ街路樹はイチョウが多いの?」

火に強い木だから

詳しく教えてくださるのは、造園や街の景観について研究している福井県立大学の進士学長です。

イチョウは水分が多く含まれている

イチョウは他の木に比べて葉が熱く水分が多いです。
そのためとても火事に強いです。

実際に他の木に比べてイチョウの葉がどれほど燃えにくいのか実験しました。
イチョウとハナミズキ・ケヤキ・松・桜・クスノキを同時に火につけて比べました。

イチョウ以外の葉はすぐに燃えてしまいますが、イチョウの葉はなかなか燃えません。
イチョウの葉は燃えにくいことがわかりました。

イチョウは葉だけでなく、幹も他の木に比べて多く水分を含んでいるため木全体が燃えにくいのです。

イチョウが街路樹として植えられるまで時間がかかった

最初の街路樹はイチョウではなかった

街路樹といえばイチョウが多いですが、実は最初は違っていました。

そもそも東京で街路樹を植え始めたのは明治初めです。
都市の近代化を目指していた日本政府がヨーロッパなどの街を参考に、街路樹として銀座に桜や松、柳を植えましたが、土が合わなかったり手入れがうまくいかなかったりでなかなか育ちませんでした。

長岡がイチョウを植えることを提案した

街路樹に見た目の美しさだけを求めていた風潮の中で違う考えを持っていたのが長岡安平でした。
東京の芝公園をはじめ、札幌の円山公園など日本中の公園の設計案作りや整備に関わる、後に「近代公園の先駆者」と評価される人物ですが、当時は東京市の一公務員でした。

そんな長岡が街路樹にイチョウを植えることを強く提唱したのです。
当時、景観が大事と言われていた街路樹ですが、長岡は防災の面でも街路樹の役割が重要だと考え、火に強く昔から日本にあるイチョウを提案したのです。

この頃の日本は日清・日露戦争など軍にかかる予算を最優先にしていました。
そんな中で外需路の植え替えには莫大な予算がかかるとして地方公務員であった長岡の意見など誰も聞こうとしなかったのです。

それでも長岡は諦めず、防災面での街路樹の重要性をいろいろな人に説いてまいりました。
そしてついに農商務省林業試験所 所長や新宿御苑 苑長などの多くの人の力を借りて計画書の作成に至ったのです。

明治40年、計画書がついに通りましたが、その計画書にはイチョウだけでなく外来種のスズカケノキやユリノキなど10種類の樹木が書かれていました。

この頃は海外のものを取り入れることを良しとする風潮がありました。
それゆえにイチョウなどの在来種をという長岡に反して外来種が多く採用されてしまったのです。

そんな中、長岡はは現在の東京・大久保や野方周辺に苗圃(苗木を育てる畑)を作り、いつ街路樹として植えられるかもわからないイチョウの苗木を育てました。

関東大震災でイチョウの重要さを実感

そして長岡が恐れていたことが起こりました。
大正12年9月に関東大震災が起こったのです。

東京だけで死者6万5000人以上、16万戸以上の家屋が火災で焼失しました。
また、東京の6割以上の街路樹が焼失しました。

しかしそんな中、イチョウの多くが燃え残り、延焼を防いだ事例も多く見られたのです。
東京都千代田区大手町に関東大震災を生き抜いたイチョウが現在も残っています。
真ん中の色が違う部分は当時焼けてしまった跡です。

震災後の調査でイチョウが火に強いことがわかり、東京はその後、新たに植える街路樹のイチョウにすることにしたのです。

長岡の強い思いが街路樹をイチョウにした

長岡は多くのイチョウが街路樹として植えられるのを見ることなくこの世を去りました。
長岡さんがたくさんのイチョウの苗木を育てておいてくれたおかげで震災復興事業もスムーズに進みました。

今、日本で街路樹といえばイチョウですが、これはきっと長岡安平さんの思いがあったからこそです。
長岡の思いは全国に広がり、大阪の御堂筋や東京の神宮外苑など秋には黄金色をしたイチョウ並木を楽しむことができるようになったのです。

あとがき

イチョウが火に強く燃えにくいと初めて知りました。
ということは、イチョウの落ち葉は焚き火をするのに向いていないってことですかね。
枯葉だから水分が抜けて燃えやすくなっているのでしょうか。

大火事になって逃げ遅れた状態にあったとき、イチョウに囲まれている所に逃げ込めば生きる可能性が高まるかもしれないと思いました。

フォローお願いします