最強のホットドリンクはココア!?生姜湯には意外な欠点があった『この差って何』

2019/12/24放送の『この差って何』。
体を温める飲み物と体を温めない飲み物の差!?


これから1年で最も寒い時期がやってきます。
ところで皆さん、ホットドリンクの種類によって体を温める効果が持続する時間に差があるのはご存知ですか?

「体を温める効果」について多数 執筆している、イシハラクリニックの石原先生によると、もちろん飲んだ直後はどのホットドリンクも体を温めることができますが、実はホットドリンクの中にはより体を温める効果が長く続く飲み物とあまり効果が長く続かない飲み物があるのです。

6つのホットドリンクを検証!

そこで今回は体を温める効果が長時間続くホットドリンクはどれなのか検証しました。

  • 奈良・平安時代から日本人に愛されている 緑茶
  • 現在 およそ6割の日本人が毎日飲んでいるという コーヒー
  • リラックス効果や抗酸化作用が期待できる 紅茶
  • 1杯飲むだけで記憶力UP!?意外な効果が注目を浴びる ココア
  • 日本中に大ブームを巻き起こした飲む点滴 甘酒
  • 体を温めるものといえばコレ!ホットドリンク界の帝王 生姜湯

これら6つのホットドリンクの中で体を温める時間が長時間続くのはどれなのか?
今回冷え性に悩んでいる20代から40代の女性6人に協力してもらい、検証をしました。

まず室温20℃の部屋で同じ環境で60℃に温めた1つのホットドリンクを全員に200ccずつ飲んでもらい、体温の変化をサーモグラフィーで測定します。

ホットドリンクを飲む前の女性6人の平均対応は36.2℃です。
そしてその後再び体温が36.2度に下がったら体が冷えてしまったということで計測終了です。

その計測方法で6種類全てのホットドリンクで検証を行い、それぞれどのぐらいの時間 体が温まっていたのかをお伝えします。

ホットドリンクを飲んだ直後はどれも体温が上昇した

やはり飲んだ直後はどのホットドリンクも体温が上がり始めました。
4分が経過したところで生姜湯とと甘酒が36.8℃近くまで上昇しました。
他の飲み物に比べておよそ0.2度も体温が上がっていたのです。

そして5分を経過した時点でもどのホットドリンクを飲んだ場合も順調に体温は上がっていきました。

カフェインは体温を下げる効果がある

カフェインが含まれるコーヒーは体温を下げる

検証開始から5分経過、まだまだ体温が上がり続けると思いきや、ここで一気にコーヒーを飲んだ人の体温が下がり始めました。
なんと、わずか9分でコーヒーを飲んだ人の体温が元に戻ってしまいました。

実はコーヒーに含まれているカフェインは体温を下げる効果があります
コーヒーを飲むことで逆に体を冷やしてしまい、長い時間 体を温めることができなかったと考えられます。

カフェインが含まれる緑茶も体温を下げる

そして同じくカフェインが入っている緑茶も12分頃からみるみるうちに下がりました。
14分で元の体温に戻ってしまいました。

30分間体を温め続けた『甘酒』

27分を経過したところで甘酒を飲んだ人の体温が元に戻りました。

甘酒は他のホットドリンクよりも糖質が豊富に含まれています。
糖質は摂取すると体の中で熱を発生させる効果があります

さらに甘酒はコーヒーや緑茶と違ってとろみがあります。
このとろみがあることで胃に止まる時間が長くなり、体温の上昇を持続させたと考えられます。

しかし、甘酒は残る三つもホットドリンクに比べて血行を促進させる成分が少なかったのでそれほど長く体を温めることができなかったのです。

生姜湯は体を温める効果と発汗効果を併せ持つ

30分を経過しても体はまだ温まっています。
しかし35分を過ぎたあたりに3つとも体温がどんどん下がり始めました。

そして最初に脱落してしまったのは、なんと生姜湯です。

生姜湯は体を温める成分ショウガオールが含まれています。
ショウガオールは体の中から熱を作り出してくれる方があるのですぐに体温が上がったと考えられます。

しかし、ショウガオールには発汗効果もあるので汗が出てしまい、紅茶やココアと比べて体温の上昇が持続できなかったと考えられます。

52分も体を温め続けたホットドリンク『紅茶』

52分経過したところで紅茶を飲んだ人の体温が元に戻りました。

まず紅茶には体を温める成分テアフラビンが含まれています。
テアフラビンは血液の巡りを良くする効果があるので体全体だけではなく、末端まで体温を高めることがわかっています。

1時間近くも体を温め続けたホットドリンク『ココア』

59分経過したところでココアも元の体温に戻りました。
ということでホットドリンクの王者はなんと1時間近くも体が温まっていたココアでした。

ココアには体を温める成分カカオポリフェノールが含まれています。
カカオポリフェノールには血行を促進してくれる効果があるので体は温まるといわれています。

あとがき

紅茶とココアの体温上昇持久時間の差は本当に僅差でした。
ココアが体温を温める効果が一番長く持続された理由の解説も特になかったので、紅茶とココアに大した差はないと思います。
ここは好みでどちらかを飲めばいいですね。

私の予想では生姜湯が最強だと思いましたが、発汗効果より体温が低下したと説明を聞いて大変納得しました。
昔の当たり前を今も当たり前と思ってはいけませんね。

フォローお願いします