おでんの「でん」ってなに?『チコちゃんに叱られる!』

2020/2/7放送の『チコちゃんに叱られる!』
草笛 光子さん、滝藤 賢一さんをゲストに迎えています。

チコちゃん「おでんの『でん』ってなに?」

豆腐

詳しく教えてくださるのは、日本の郷土料理に詳しい料理研究家の渡辺あきこさんです。

おでんは元々串に刺して焼いたもの

おでんの「でん」は豆腐のことです。
串に刺して焼いた豆腐を「田楽(でんがく)」といいますが、その田楽の「でん」から「おでん」になったのです。

実は田楽というのはもともとは食べ物の名前ではなく、平安時代の豊穣祈願のために踊られた舞のことを指します。
豆腐を串に刺した様子がこの舞を踊っている人の姿に似ていたことから「田楽」と呼ばれるようになりました。

田楽という料理が宮中に入り、やがてこの田楽を宮中に仕える女性たちが読む際に上品な言葉遣いとして頭に「お」をつけました。

つまり「お田楽」、これが省略されて「おでん」になったといわれています。
こうして「田楽」と呼ばれていた料理はいつしか「おでん」と名前が変わりました。

江戸時代になると屋台で売られるようになり、うどんや団子などと並び、江戸の町で人気になりました。
さらにおでんの種類も増えていきました。

醤油の製造が盛んで煮込みおでんが生まれた

ここまではおでんとはまだ「串に刺して焼いたもの」です。

おでんが現在のように鍋で煮込んだ形に変わったのは、おそらく江戸時代後期 千葉県の銚子や野田のあたりで醤油の製造が盛んになったことがきっかけで江戸では醤油味で煮込んだおでんが誕生したのではないかといわれています。

この江戸でしか食べられていなかった煮込みおでんが全国に広まったのは一体なぜなのでしょうか?

関西に煮込みおでんが渡り、関西風にアレンジされた

一気に全国的になったポイントは煮込みおでんが一度関西に渡ったことです。
大正時代になり 煮込みおでんは東京の料理人によって大阪に持ち込まれます。

しかし当時関西のおでんは串にさす田楽スタイルだったため、東京から持ち込まれた煮込みおでんは区別するために「関東煮(かんとうだき)」と呼ばれました。
この関東煮は濃い醤油ベースだったので関西の人々の口には合わず、関西風にアレンジされることになります。

だしと具材が変わったのです。
醤油ベースの濃い味付けから関西特有の昆布だしを使った薄めの味付けにしました。
さらにたこ・牛すじ・クジラの舌などが加わり、関東煮は関西で大人気になりました。

関東大震災をきっかけに煮込みおでんが関東に逆輸入

そしてこの関東煮が関東大震災がきっかけで今度は関東に戻ってきます。
1923年に起きた関東大震災は首都圏を中心に甚大な被害が及び、関東の料理屋さんも軒並み大きなダメージを受けました。

このとき関西の料理人が関東に集まり、炊き出しのボランティアで振る舞ったのが関西風にアレンジされた関東煮、つまり今私達がイメージする出汁ベースのおでんだったのです。
関東から関西に伝えたおでんが再び関東に戻り、震災によって疲弊しきった人たちの心と体を温めました。

関東大震災をきっかけに、関西風のおでんが関東でも一般的となり、今では全国に広まり、各地で愛されるようになりました。

あとがき

関西様々ですね!
関西に渡らなければおでんはずっと醤油をベースにした辛い煮込みおでんだったかもしれません。

おでんの由来が田楽なんて知りませんでした。
田楽の存在も初めて知りました。食べてみたいです。

フォローお願いします