家でできる健康法!食べるだけで脂肪燃焼!?超簡単な代謝アップ法『主治医が見つかる診療所』

2020/4/30放送『主治医が見つかる診療所』
前回の続きです。


新型コロナウイルスの影響で外出自粛の今、ずっと家にいると体も鈍って心もふさぎがちに…。
そんなときどうすればいいのでしょうか?

例えば長期間に渡って狭い船内で生活しなければならない宇宙飛行士が実際に行っているといわれるのが“コーピング”というストレス対処法です。

どういうものかというと、まず自分にとってストレスが和らぐと思えることをリストアップします。
とにかく音楽を聴く・本を読む・コーヒーを飲む等どんなことでもいいのでできるだけたくさん書き出します。
リストにするとストレスを感じているときでもいろいろとできることの選択肢があるという安心感が持てるうえ、どれにしようかと選ぶ楽しみもできて心が安らぐそうです。

そう、例え限られた空間の中でも心と体の健康を保てる方法はたくさんあります。
家にいながらにして簡単に心と身体を健康で元気にできるとっておきの方法をご紹介しましょう。

そこで今回の『主治医が見つかる診療所』代謝アップのスペシャリストである5人の医師や管理栄養士がオススメする 家で簡単にできる「代謝を上げて自然と痩せる」+「体の様々なところを改善できる」とっておきの代謝アップ法をご紹介します。

家にいながらでも簡単にできる五大代謝アップ法

家にいながらでも簡単にできる五大代謝アップ法をご紹介します。
しかもそれらの方法は様々なプラスアルファの健康効果も期待できるのです!

今回は医師と管理栄養士がオススメする五大代謝アップ法の2つ目
代謝が上がって自然と痩せてしかも内臓脂肪が燃えてお腹が引っ込む食材をご紹介します。

詳しく教えてくださるのは管理栄養士の赤石定典先生です。
東京慈恵会医科大学附属病院で毎日2000食以上の入院患者の献立を管理している栄養のスペシャリストです。

そんな赤石先生がオススメする代謝アップする意外な食材がこちらの3つ。

  • 世界一カロリーがないキュウリ
  • これからが旬のトウモロコシ
  • 人気のキノコ エノキ

世界一カロリーがないキュウリで脂肪燃焼!

赤石先生オススメの代謝アップ食材 1つ目はキュウリです。

キュウリは世界一カロリーが低いとギネス世界記録に認定されたとても残念な野菜です。
しかし、近年キュウリには脂肪の代謝を上げてくれる酵素ホスホリパーゼが含まれていることがわかりました。

ただし、調理法で1つ注意点があります。
ホスホリパーゼは熱に弱いので生で食べることが1番大事です。

しかもより代謝を上げて自然に痩せられる食べ方があります。
それはキュウリをおろして食べることです。

キュウリをすりおろすことで細胞が壊れてよりホスホリパーゼが活性化されるのです。
おろしたキュウリは豆腐に乗せたり納豆に混ぜたりモズクに加えたりして食べるのが赤井先生のオススメです。

これからが旬のトウモロコシで脂肪燃焼!

赤石先生オススメの代謝アップ食材で2つ目はトウモロコシです。
トウモロコシには代謝を上げて脂肪を燃やしてくれるビタミンB群が他の野菜の2倍近く含まれています。

しかし、トウモロコシも調理法に工夫が必要です。
ビタミンB群は水溶性ビタミンなので水に溶けやすい性質を持っています。

トウモロコシは皮をむかずに皮ごと蒸すことで、水に溶けやすいビタミンB群を損せずに摂ることができます。
皮付きでないトウモロコシを買ったときはラップで包んでもOK。

さらにトウモロコシにはこんなメリットがあります。
トウモロコシは自然と噛む回数が増えるので唾液がたくさん出て消化する力がアップします。
しかも食物繊維が豊富ので便秘の解消にもつながり、お腹をすっきりできます。

人気のキノコ エノキで脂肪燃焼!

赤石先生オススメの代謝アップ食材で3つ目はエノキです。

エノキも脂肪を燃やしてくれる働きがあります。
キノコキトサンという成分が脂肪を燃焼してくれます。

ただし、このエノキも調理前に工夫が必要です。
脂肪燃焼成分はキノコの細胞の中に入ってるので細胞を壊さないといけません。

一番手っ取り早いのが冷凍で凍らせることです。
冷凍することによってエノキの中にある水分の体積を増やして細胞を壊すことができます。
すると内臓脂肪を燃焼する成分が効率よく摂取できるようになります。

あとがき

キュウリで脂肪燃焼アップ!?とても信じられません!
トウモロコシで脂肪燃焼アップ!?またまた〜…

本当にそれで脂肪燃焼して痩せられるなら食べない理由はありません!
キュウリもトウモロコシもこれからが旬です。
嬉しい情報でした。

フォローお願いします