洗濯物の生乾きのニオイってなに?『チコちゃんに叱られる!』

2020/5/29放送『チコちゃんに叱られる!』
榊原郁恵さん、ISSAさんをゲストに迎えています。


チコちゃん「洗濯物の生乾きのニオイってなに?」

菌のフンのニオイ

詳しく教えてくださるのは、愛知学院大学薬学部の河村好章教授です。
長きにわたって謎とされてきた生乾きの臭いの原因を9年前に大手玩具メーカーとともに突き止めました。

モラクセラ菌はあらゆるところに生息する

生乾きのニオイの原因を作るのは「モラクセラ菌」という細菌です。
モラクセラ菌とは、人の口や鼻の粘膜などにも存在している細菌です。

キッチンや風呂場などの水回りをはじめ、生活環境のあり方あらゆる場所に生息しています。
しかし 実は 菌そのものが臭っているわけではありません。

衣服は洗濯をしても若干なりとも皮脂汚れ タンパク質が残ってしまいます。
それをエサにしてモラクセラ菌が増えるのです。

そして、増殖したモラクセラ菌がどんどん活発になって「4-メチル-3-ヘキセン酸」という臭いフンのような分泌物を出します。

モラクセラ菌が増殖する条件は十分な栄養・適度な湿度・適度な室温

さらにモラクセラ菌の動きを活発にさせるのが部屋干しなどの環境でたまる「湿気」、そして20〜25度という「室温」です。

  • 衣類に残った皮脂などの栄養
  • 余分な湿気による水分
  • 快適な室温(20〜25度)

この3つの条件が揃うとモラクセラ菌は次々に増殖して活発になり、さらにフンのような分泌物を体から出すのです。
この分泌物こそが、生乾きのニオイの原因です。

モラクセラ菌は洗うだけでは死なない

しかもモラクセラ菌にはやっかいな特徴があります。
実は洗うだけではモラクセラ菌は死にません。

洗濯で落としきれなかったモラクセラ菌は衣類に蓄積していき、繊維にこびりついて塊を作ります。
洗ってもまた臭いがするのは塊となったモラクセラ菌が再び増殖と分泌を繰り返しているからなのです。

では、生乾きの臭いをなくすにはどうすればよいのでしょうか?
モラクセラ菌が餌を食べる時間をできるだけ少なくすることです。

衣類を溜め込まずこまめに洗濯すること、そして風通しが良く陽に当てて干すことで増殖のチャンスを防げます。

河村教授直伝!必殺 生乾きニオイ撃退法

でも梅雨の季節はこまめな洗濯も外干しもできないと思っている方もいますよね。
そんな方のためにとっておきの撃退方法をお教えしましょう。

生乾きニオイを撃退!お湯につける

家庭で簡単にできることはお湯につけることです。

実はモラクセラ菌は高温の熱に弱いです。
60度程度に加熱すると死滅させることができます。

洗濯をする前に60度以上のお湯を張り、その中に10〜20分程度浸け置きするだけで臭いの原因となるモラクセラ菌が死滅します。

生乾きニオイを撃退!アイロンがけ

いちいちお湯につけるのが面倒くさいという方には、アイロンを使うと良いです。
60度以上で死滅するっていう原理を活かせば、家庭用のアイロンを使っても生乾きの臭いは消せます。

  1. アイロンは中温(150度程度)以上に設定
  2. 脱水後すぐ濡れた状態から7〜8割程度乾くまでアイロンがけする

濡れたままアイロンをかけることでモラクセラ菌が増殖する前に死滅させることができます。

生乾きニオイを撃退!コインランドリーの乾燥機をつかう

それでも面倒くさいという方にオススメなのはコインランドリーの乾燥機をつかうことです。

家庭用乾燥機では実はモラクセラ菌を殺すところまでいかない場合が多いです。
家庭で使用されている電気式乾燥機の温度は約50〜60度が一般的です。
例えば乾燥する衣類が重なってしまったりするとなかなか中の方まで60度の温度に達しません。

コリンランドリーの乾燥機はガスで熱風を発生させるため、80℃ほどまで設定できる場合がほとんどです。
そのための衣類の奥まで60°度以上となり、モラクセラ菌を死滅させることができます。

あとがき

生乾きニオイ撃退法がいくつか紹介されました。
感想としては「どれもこれもめんどくさい!」でした。

60度以上のお湯を張って20〜30分間浸けておく方法が最も簡単と思いますが、衣服によっては40度を超えてはいけないと注意書きがあったりしますよね。(ほとんどの衣服が40度までと書いている気がする)
なのであまり現実的ではないとおもいました。

モラクセラ菌が増殖する条件は十分な栄養・適度な湿度・適度な室温です。
ということは、除湿機を置いて衣服に風を当てて「適度な湿度」じゃなくすれば良いんじゃないかと思いました。
この方法が最も簡単な気がするので梅雨期間に入ったら試してみたいと思います。

フォローお願いします