除菌大作戦!カビの二大危険スポットを徹底調査『健康カプセル!ゲンキの時間』

2020/6/28放送『健康カプセル!ゲンキの時間』


新型コロナウイルスによる自粛生活解除からおよそ1ヶ月。
感染予防のために綺麗にしていたお家の状態まだキープできていますか?

梅雨時の今 増えてくるのが「カビ」。
実はカビも感染症を引き起こすことがあるのです。

身近なものではありますが、それを繰り返し大量のカビを吸い込んでいると肺がだんだんと傷んで感染症を引き起こしてしまいます。
場合によっては命取りになる、そういう力がある生き物です。

カビが感染症を引き起こす!?

この季節の感染症対策について警鐘を鳴らすのが、千葉大学真菌医学研究センターの亀井先生です。
今は新型コロナウイルスが非常に大きな問題になっていますが、実は感染症はウィルスだけではありません。

梅雨の時期はカビにとって非常に発育しやすいです。
カビを吸い込んで感染症あるいはアレルギーを起こして病気になるということが起こりやすくなる時期にあたります。

典型的なのが「夏型過敏性肺炎」。
トリコスポロンというカビを吸い込むことによってアレルギー性のひどい肺炎を引き起こします。

トリコスポロンは家具の隙間やエアコンの中などに繁殖する、いわば隠れカビです。
特にエアコンを使い始める時期、カビを放置したままでいると空気中に撒き散らしてしまう危険があるので要注意です。

そして今 気をつけるべきカビはまだまだあります。

カビの二大危険スポットの1つ「キッチン」

ここからは梅雨に増えるというカビについて室内のカビに詳しい千葉大学真菌医学研究センターの矢口先生と家事研究家の高橋さんに協力してもらい学んでいきます。

家の中で1番気にしてほしいところはキッチンです。
シンクのゴムパッキンに黒カビがついたりや排水溝のストレーナーがヌメヌメだったりしますよね。

こうした水周りなどによくみられるのが、「黒色真菌」と呼ばれる「エクソフィアラ」です。
傷口などから体内に入り皮膚に感染したり、血液にのって全身に回ると内臓や脳を侵し死に至る場合もある怖いカビです。

しかし矢口先生によると意外なところにもカビは潜んでいるといいます。
チェックすべきポイントは3つ。

  • 蛇口周り
  • 製氷器の給水ボトル
  • 食器棚

皆さんも必ずチェックしましょう。

蛇口周り

蛇口周りには黒いカビが生えやすいです。
特に蛇口の裏側は黒いカビが生えやすいポイントです。

見落としがちな蛇口の裏側もチェックしましょう。

製氷器の給水ボトル

冷蔵庫の製氷器の給水ボトルは綺麗ににみえますが、取り出して確認してみると黒いカビが生えていることがあります。
カビの氷を飲んでいることになってしまいます。

タンクは給水するたびに洗って綺麗にしましょう。

食器棚

食器棚に水分はないからカビは繁殖しないと思われがちですが、ホコリなど比較的乾燥した部分にもカビはいます。
実はホコリに多くいるのが「アスペルギルス」というカビです。

アスペルギルスを吸い込むと呼吸器に障害を起こす場合があります。
中でも「慢性肺アスペルギルス症」になってしまうと5年生存率が50〜60%ともいわれ、大変危険です。

家事研究家高橋さん伝授!蛇口のお掃除方

特にカビが多い蛇口の簡単お掃除方法を高橋さんに伝授してもらいます。

まず注意点。
蛇口周りはついついスポンジを使って洗いがちですが、そうするとステンレスに傷をつけてしまいます。

そこでゴム手袋に中性洗剤を垂らして直接蛇口を洗います。
蛇口の裏側だけは歯ブラシを使って洗います。
その後、水で中性洗剤を洗い流し、水拭きと乾拭きをします。

そして仕上げに三つ編みストッキングを使います。
三つ編みストッキングで蛇口を磨くことで細かい汚れや皮脂などを取り除くことができます。

作り方は簡単です。
ストッキングを三つ編みにするだけです。

皆さんもお試しを。

カビの二大危険スポットの1つ「風呂場」

風呂場のカビポイントに迫ります。

ゴムパッキンに生える黒いカビ

1番気になるのはゴムに生えるカビ。
こういった窓枠やゴムパッキン、床に生える黒カビは「クラドスポリウム」という黒いカビです。
肺に吸い込むと肺炎を起こしたり、喘息を悪化させたりする危険があります。

掃除しても掃除しても生えてきてしまうこれらのカビ。
矢口先生によると、お風呂場が黒カビだらけになってしまうのは意外な元凶があるとのこと。

それが黒カビのもとになるのが天井にあるといわれてます。
天井についたシミみたいなものの多くはカビであり、そこからカビの胞子が風呂場中に撒き散らしているわけです。

皆さんもお風呂場の天井をよく確認しましょう。

シャワーヘッド

そしてお風呂場にはさらにチェックしておきたいポイントの見落としがちな場所です。
実はシャワーヘッドはカビが生えやすいのです。

シャワーヘッドで黒くなってるところは「クラドスポリウム」です。
ぬめり気があるところには「MAC菌」という結核菌によく似た細菌がいます。

MAC菌は結核菌によく似た細菌で、シャワーヘッドや蛇口などのぬめりや水垢の部分に多くいます。
肺に感染すると「肺MAC症」という病気になり、咳やたんが止まらなくなり呼吸困難になることもあります。

家事研究家高橋さん伝授!風呂場の簡単お掃除法

ここからはお風呂場の簡単お掃除方法は家事研究家の高橋さんが伝授します。

天井の簡単お掃除方法

フローリング用のモップにキッチンペーパーをつけ、そこにカビ取り剤を染み込ませます。
そして天井の黒カビ部分にカビ取り剤を塗りつけて10分つけ置きます。
キッチンペーパーを変えて水拭きし、最後に乾拭きすればOKです。

シャワーヘッドのお掃除法

お酢と水を4対6の割合になるように洗面器に入れます。
その液体にシャワーヘッドを1時間ほどつけ置きします。
するとお酢に含まれる酢酸やクエン酸が水垢や黒ずみ溶かしてくれます。

見落としがちなカビポイントに注意しながら簡単な掃除方法で綺麗にしましょう。

梶研究家・高橋ゆきが予防掃除術を伝授!

黴の胞子は常に空気中に舞っています。
それが早いものだと若干3日ぐらいで目に見えるぐらい大きくなります。
そのためカビの胞子を除くためにこまめな掃除が必要になってきます。

とはいえ、こまめに掃除をするのは大変ですよね。

実は掃除の手間を一気に省く方法があります。
これが「予防掃除」といいます。

予防掃除術:汚れをガードする

使うのは100円均一などでも売られているマスキングテープです。
マスキングテープは水も弾いてくれます。

そしてゴムパッキンのところに貼っといていただくとホコリ等が溜まったときにテープごと取ってしまえば綺麗を保てるということになります。

例えば、水や油等がかかり汚れやすいキッチンのゴムパッキン。
カビやホコリがたまりやすいお風呂のドア。

こういうところにマスキングテープを貼っておくことで下の部分は汚れずガードできます。
そしてマスキングテープが汚れてきても張り替えるだけで済むため大きな手間がかかりません。

これが今 話題の予防掃除の概念です。

予防掃除術:汚れにくくする

実はキッチンやお風呂場の掃除にあるひと手間を加えることにより劇的にカビにくくなる方法があります。
それが仕上げの乾拭き

調理台の上や蛇口の水滴を拭き取る。
これだけで水垢を完全に予防することができます。

さらにお風呂の場合、ジャンプー等を水切れの良いカゴに入れたり桶などをS字フックにかけて床と接しないようにすることで水気が残りにくくなりカビなどの発生が抑えられます。

予防掃除を実践して大掃除いらずの家を目指しましょう。

予防掃除術:エアコンのカビを防ぐ

エアコンの冷房で使うとどうしてもエアコンの内部に水分が溜まり、その部分からカビが生えてしまいます。
なので、使い終わった後に送風にして内部を乾燥してやることでカビの発生を抑えることができます。

あとがき

掃除しても掃除してもカビが生えてきて嫌になっちゃいますよね。
そこで予防掃除というものが有効だそうです。
今回初めて知り、目から鱗が落ちました。

マスキングテープにそんな使い道があったとは…。
すぐにでも100円均一ショップに駆けつけて大量に購入したいと思いました。

エアコンも内部の水分を取るために「送風」すれば良いことに目から鱗でした。
確かにそうすればカビが生えてこない気がします。

エアコンの内部クリーン機能がこれに当たりますね。
これに着目して機能をつけたメーカーさんもすごいと思いました。

フォローお願いします