殺菌・滅菌・除菌・抗菌の違いってなに?『チコちゃんに叱られる』

2020/7/10放送『チコちゃんに叱られる』
かたせ梨乃さん、野々村真さんをゲストに迎えています。


チコちゃん「殺菌・滅菌・除菌・抗菌の違いってなに?」

殺菌は菌を殺すこと
滅菌は菌を完全に殺すこと
除菌は菌を取り除くこと
抗菌は増えないようにしている

詳しく教えてくださるのは、細菌やウイルスに詳しい日本環境感染学会の木津純子先生です。

殺菌・滅菌・除菌は似て非なるもの

皆さんは生活の中で殺菌や除菌と書かれた製品をなんとなく使っていませんか?
それらの表示は似ているようで全然違うものです。

一般的な製品に書かれた殺菌・滅菌・除菌の表示については様々な法律や規約によって定められています。
基本的に細菌やウイルスは何もしないと増えていきますが、その菌やウイルスにどのような効果を与えるかで表現は別れてきます。

殺菌は菌を殺すこと

まずは「殺菌」から見ていきましょう。
殺菌は菌を殺すこともいいます。

その中でも主に病原菌などの有害な微生物を殺すことを消毒といいます。
殺菌や消毒といった表示は法律に則った医薬品や医療機器、医薬部外品だけに使うことができます。

アルコール殺菌の仕組み

アルコールはどのようにして細菌を殺しているのでしょうか?

私たちの手には見えないほど小さな細菌や微生物が無数に存在していて、中には人間に悪影響を及ぼすものもいます。

そこにアルコールのスプレーを吹きかけると細菌よりも小さなアルコールの分子が細胞膜に入り込み、その膜を壊してその中身を溶け出させたり中にあるタンパク質や器官を変化させて栄養を取れなくして殺すのです。

他にもアルコールが蒸発する際に細菌から熱や水分を奪って殺す効果もあります。
また、ウイルスの場合はエンベロープという膜を壊すことで細菌の同じように活動できなくさせているのです。

アルコールで殺菌できるっていうことはわかっていますが、なぜそういうことが起きるのかということはまだわかっていません。
ちなみに細菌やウイルスの中にはアルコールがほとんど効かないものもいるので過信は禁物です。

人間は多細胞生物だからアルコールで死ぬことはない

アルコールのスプレーで菌は死ぬのに人間は死なないのですか?

人間の皮膚は多くの機能を持つ多くの細胞でできているのであまり影響は受けません。
細菌は1つの細胞からなる単細胞生物なので「細胞の死」はつまり「細菌の死」を意味します。

しかし人間は無数の細胞が集まってできている多細胞生物です。
アルコールの影響で皮膚の表面の細胞のいくつかが死んだとしても新たな細胞が生まれるため人間の命に影響はありません。

さらに死んだ細胞である角質がバリアとなって守っているので人体にはほとんど影響はないのです。

滅菌はほぼ全ての微生物を完全に殺すこと

そして「滅菌」。
これはほぼ全ての微生物を完全に殺すことをいいます。

例えば高温で熱したり特殊なガスを使うことで限りなく無菌に近い状態にできます。
そうすることで医薬品や医療器具を清潔に使えるのです。

除菌は細菌を取り除いて活動を抑えること

続いては「除菌」。
これは細菌を取り除いて活動を抑えることをいいます。

活動を抑えるということなので菌が生き残っていることがあります
例えば除菌のウェットティッシュは直接細菌を拭き取って数を減らしたり拭き取った後もずっとウェットティッシュに含まれた薬品の成分で細菌の増殖を抑える効果があります。

しかし、きちんと拭けていなかったり薬品の影響を受けずに細菌が生き残ったりする可能性があるのでこまめに除菌することをオススメします。

気をつけたほうがいいこと

拭き取ったウェットティッシュをそのままゴミ箱に捨ててしまいますと、乾燥した時に菌やウイルスが飛び散ることがありますのでビニール袋等に入れて封をしっかりと閉めてからお捨てになるといいですね。

抗菌は細菌の増殖を抑えること

最後に「抗菌」。
これは細菌の増殖を抑えることをいいます。

学術的には殺菌や除菌といった全ての菌に対する効果を抗菌といっています。
しかし、私たちでよく使っているのは抗菌加工された製品の「抗菌」ですね。

抗菌加工の製品には細菌が嫌がる成分が含まれていて その表面で細菌の増殖を抑えることが目的です。
例えば銀や銅などで抗菌加工された物は金属中のイオンが細菌のタンパク質と結び付いて活動を抑えるといわれています。

しかし、抗菌加工の製品は増殖を防いでも表面に菌がいる可能性があります。
しっかり洗うなどを清潔に保つ必要があります。

まとめ

殺菌・滅菌は細菌をしっかり殺すことで清潔に、そして除菌・抗菌は増殖を抑えて清潔に保つ効果があります。

ということで、殺菌・滅菌・除菌・抗菌の違いは、

  • 殺菌は菌を殺すこと
  • 滅菌は菌を完全に殺すこと
  • 除菌は菌を取り除く
  • 抗菌は菌が増えないようにしている

でした。

あとがき

殺菌・滅菌・除菌・抗菌の違いってなかなか覚えられません。

例え90%の菌が生き残ったとしても10%の菌を殺すことができているので「殺菌」と表示する製品もあるそうです。
何かの番組でそう言っていました。
なので買うとしたら菌を完全に殺す「滅菌」と書かれた製品をオススメするとのことでした。

なかなか難しいですね。
アルコールばかりに頼らず石鹸での手洗いもきちんとやれば感染の予防になると思います。

手洗いとうがいをこまめにやりましょう!

フォローお願いします