アナタも陥るかもしれない!?すべての人の心に潜む正義中毒とは?『世界一受けたい授業』

2020/7/11放送『世界一受けたい授業』


最近、インターネットなどで話題となっている「正義中毒」を知っていますか?
実は日本人が特に陥りやすいです。

正義中毒とは、自分が絶対に正しいと思いこみ、自分の考えに反する他人の言動に対して「許せない」という感情が湧き上がって正義とはいえ相手に攻撃的な言葉を浴びせて叩き潰そうとすることを脳科学的に表現した言葉です。

わかりやすい例が新型コロナウイルスで問題となった自粛警察です。
お店のシャッターに「コドモヲアツメルナ マスクノムダ」と書いた紙を貼り付けたり店の壁やドアに「シネ、潰れる!」と落書きをしたり、県外ナンバーの車に嫌がらせをする悪質行為が横行しました。

このように正義感が暴走して他人を過剰に誹謗中傷して痛めつけようとする人は正義中毒に陥っています。
教えてくれるのは正義中毒の名付け親であり、今話題の本『人はなぜ他人を許せないのか』の著者である中野信子先生です。

正義中毒は他人を攻撃して快楽を覚える

なぜ正義中毒になってしまうのでしょうか?
それは人間の脳が他人を罰することに快感を覚えるようにできているからです。

自分の考えに反する人を攻撃すると脳の側坐核が刺激されて快楽物質であるドーパミンが放出されます。
そのため過剰な正義感で中毒のように人を攻撃してしまうのです。

特に日本人は正義中毒になりやすいです。
正義中毒は誰しもが陥ってしまう可能性があり、社会的・経済的危機が続く間はこういう状態が続くのではと懸念してます。

SNSは正義中毒に陥りやすい

一見 良い人に見える、例えば会社で公共の場が汚れていたら率先してお掃除したりするような人でも本心は「私のデスクを汚したら許さない!」と思っていたりするような人が一変して正義中毒になる可能性があります。

SNSの普及に伴って増えてきた正義中毒の理由はSNSの特徴である「匿名性」と「似た者同士が集まりやすい」です。

SNSでは考え方や好みなどが似たもの同士で繋がるところが多く、自分が欲しい偏った情報だけを受け取りがちです。
同じ思考の人といるとき幸せホルモンの1つであるオキシトシンが分泌されるのでとても心地よい状態になります。

しかし、そこに自分の考えに反する意見を持った人を見つけると脳の前帯状皮質が反応して嫌な気持ちになります。
その嫌な気持ちを早く消したいがために相手を積極的に攻撃してしまうのです。

SNSでの誹謗中傷は指殺人と呼ばれるほど社会問題となっている

SNSでの誹謗中傷は今や世界的な社会問題です。

韓国でも人気グループ元KARAのク・ハラさんの自殺は悪質動画のトラブルや整形疑惑への非難がネット上で相次いだことが原因の1つだといわれています。
このように指で打ったSNSの誹謗中傷によって人を殺してしまうことを韓国では「指殺人」といわれるほど問題になっています。

通常は身勝手な発言を抑制しているのは脳の前頭葉の働きによるものです。
しかし、自分の正体が相手にはわからない匿名であるときは前頭葉が働きにくいため、気持ちをコントロールできず会ったこともない相手に攻撃的な言動をとってしまいます。

同調圧力に敏感な人が正義中毒になりやすい

自分こそが正しいと思い込む正義中毒者ですが、他人を誹謗中傷してしまうもう1つの要因として「同調圧力」があります。
同調圧力とは周りの意見に対して自分の考えが少数派であると、その意見を発言することで自分がいじめのターゲットにされることを恐れて多数派の考えに合わせて一緒に相手を攻撃してしまうことです。

正義中毒の人はこの同調圧力に敏感です。
特に日本人同調圧力を受けやすいといわれています。

その理由は自然災害が多いからです。
自然災害から生き延びるために他人との協力が必要です。
個人よりも集団の意思決定を尊重することが求められました。

そのため新型コロナウイルスを終息させるためにみんなが協力し合って一致団結しているときは正義中毒になりやすい状況でもあるのです。

脳科学的にも日本人は正義中毒に陥りやすい

日本人は真面目で自己犠牲をいとわない人が多いとされていますが、実は日本人に多い怖い特徴「怒らせると何をするかわからない」が正義中毒を強めてしまいます。
なぜ日本人は怒らせると何をするかわからないのでしょうか?

人間のイライラをコントロールするのはセロトニンという物質です。
そのセロトニンの量をコントロールしているのがセロトニントランスポーターというタンパク質で、その量が少ないと復讐したいという心理が働きます。

イェール大学医学大学院の研究によると、日本人のセロトニントランスポーターの量を調べたところ世界で1番少ない部類に入ることが判明しました。
つまり脳科学的に日本人は一度頭に血が上ると何をするかわからないといえます。

そのため自分には関係のない不倫や不謹慎な言動に対して日本人は一斉に攻撃をする傾向にあります。

正義中毒になる人は脳が衰えている!?

正義中毒に陥る人は脳が衰えている可能性があります。
脳が衰えてくると自分を客観視できなくなります。

その客観視できなくなると他人を許せないという感情を抑えられなくなっちゃうという危険性があります。

過去を美化する人は脳が衰えている

頻繁に「過去を美化する」行為をしていると脳が衰えているサインです。
自分が悪かったところを全部スルーして良かったところだけ思い出すということは脳の前頭前野が客観的に自分を見れないという衰えのサインになります。

正義中毒にならないために前頭前野を鍛えよう!

正義中毒にならないためには前頭前野を鍛えれば良いです。

前頭前夜を活発に働かせるためには普段と違うことをすることが効果的です。
普段はあまりしないことをする、例えば目的地までいつもと違う道を使ったり普段あまりやらない家事を手伝ったりするだけで脳は活発に働きます。

日常的に慣れていることをしているときは前頭前野だけでなく脳そのものが活動しなくなります。
なので前頭前野を活性するために普段あまりしないことをしましょう。

また他人のことは自分の人生にはあまり関係ないという感覚をあらかじめ持っておいて誰か人と接するときには良い距離感で接するという心掛けをしていくことが1番大事です。

あとがき

正義中毒こわい。

自粛警察とかみていると「アホだなぁ」と思います。
「自分こそ外に出回ってるという矛盾に気づけないのか?」と不思議に思います。

今回「正義中毒に陥っている人は脳が衰えている可能性がある」と知って納得いきました。
脳が衰えているから自分が悪いところをスルーして(自粛警察でいうと自分が外に出回っているという矛盾に気づかず)攻撃しているのだとわかりました。

店内で「お前らうるさいんだ!」と騒ぐお爺さんが1番迷惑でうるさいのと同じですね。
趣味がない人付き合いがあまりない孤独な年配者であるほど自分を棚に上げて他人を攻撃する傾向にあると知り哀れに思いました。

SNS内では年配者に限らず若い人たちも正義中毒に陥るって怖いですね。
自分もそうなる可能性があるということが1番怖いです。

「指殺人」というキーワードは『未満警察』というドラマでも出てきました。
そこで初めて知ったわけですが、ドラマに取り上げられるほど大きな問題です。

他人を攻撃して快楽を得ているということは正義中毒に陥っている人は不幸で時間がたっぷりあってやることが特にない暇人かなと予想しています。
現実世界で幸せを感じられない気の毒な人たちがSNS上で他人を攻撃することで幸せを求めているってことですよね。

傷つけない傷つけられない1番手っ取り早い方法がSNSをやらないことだと思いました。
マジで怖い。

フォローお願いします