あなたと家族の命を守る!本気の熱中症対策2020『健康カプセル!ゲンキの時間』

2020/8/9放送『健康カプセル!ゲンキの時間』


人形町にある老舗うなぎ店、その厨房は40度以上にもなります。
以前 番組では こちらの大将から熱中症予防の秘訣を学びました。

それがこまめな水分補給。
1日に飲む量はなんと4リットル!
さらに首には保冷剤をつけ、体を冷やすようにしていました。

そんな大将のもと、この夏 再び訪ねました。
コロナ対策でマスクをつけなくてはならず、暑くて暑くて気が遠くなってしまってフェイスガードを使うようにしたとのこと。
マスクの影響で水分補給するのにも一苦労でかなり苦戦しているようです。

しかも熱中症は8月が特に要注意です。
夏の疲労が積み重なる8月は熱中症が重症化しやすく死亡者も増えるため注意が必要です。

自治医科大学附属さいたま医療センター救命救急センター長の守谷先生に詳しく教えてもらいます。

熱中症は命を落とす危険がある病気

そもそも、熱中症とはどんな症状なのでしょうか?

熱中症の初期の段階ではめまいや大量の汗、筋肉の硬直など、一見 熱中症と気づきにくい症状があります。
このとき水分補給や涼しいところで休むなどすれば症状が治まることが多いです。

しかし、熱中症に気づかず悪化してしまうと頭痛や嘔吐、倦怠感などが出始め、病院での治療な必要になります。
さらに重症化すると一番は脳の中枢神経の障害が番起きやすくなります。

それ以外に肝臓や腎臓で炎症が起こって多臓器不全という状態になって亡くなることがあります。
熱中症は命を落とす危険がある病気なのです。

病院で施される熱中症治療

救急搬送される数も増加傾向にあり、昨年は7万人以上でした。
もしあなたが熱中症で救急搬送されたらどういった治療がされるのでしょうか?

熱中症治療STEP1:応急処置をしながら搬送

まず救急車の中では応急的な処置が行われながら搬送されます。

そして病院に到着し、通されるのが「ER」と呼ばれる初療室です。
ここから熱中症治療が始まります。

熱中症治療STEP2:正確な体温の測定

まず行われるのが正確な体温の測定です。
その体温は表面ではなくて膀胱の温度を測ります。

熱中症になると体温を外に放出できなくなっているため、体の表面では正確な体温が計れません。
そのため膀胱にカテーテルを入れて膀胱内の温度を計る必要があります。

膀胱内の温度が39度以上だと危険な状態と判断されます。

熱中症治療STEP3:体温を下げる治療

熱中症治療で最も大切なのが体温も下げる治療です。

体温が低くくて軽症の場合 保冷剤などを当てて冷やすといった治療で済みます。
体温が39度以上で意識障害などがある場合は一刻も早く体温を下げなければ命に関わります。
もし助かっても後遺症が出ることもあります。

そんな重症患者に使われる処置が「体表冷却法」です。
胸と足にパッドを貼り、パッド内に約4度の水を循環させて体の表面から冷やすため「体表冷却法」と呼ばれています。

さらに重症患者に使われるもので今 注目されているアイテムが「CAERvest」です。
CAERvestはイギリスからの最新鋭のもので、現場に行ってそこで冷却をする優れたものです。

CAREvestはベスト型の冷却装置で中には尿素が入っており、水を加えるだけで化学反応により約5度まで冷えるといいます。
さらに電源を必要としないため様々な現場で迅速な体表冷却を行える優れものです。

しかし、これらの体表冷却治療を行っても時には体温が下がらない場合もあります。
そんなとき熱中症治療の最後の砦として使われるのが「サーボガードシステム」と呼ばれ、特に重篤な熱中症患者に使われます。

「サーボガードシステム」は血管の中から血液を冷やす機械です。
カテーテルを太ももや首などの太い静脈から体内に入れて心臓付近まで届けます。
カテーテル内の風船に0.5℃の水を循環させて血管内から直接血液を冷やして体温を下げるため「深部冷却法」と呼ばれています。

血管の中の冷却装置と体表面の冷却装置で38度の体温に下がるまで早い人ですと20分ぐらいです。
時間がかかる人でも120分以内には大体下がります。

ただし、その後ずっと温度を維持しておかないとまた上がってしまいます。
体の中は血液がまわっていますので巡り巡ってまた温かい血液が戻ってきます。
なので最長7日間ぐらい使うことがあります。

このように熱中症治療は迅速な体温のコントロールを求められる病気なのです。

熱中症の初期症状は新型コロナ感染症と似ている

今年の医療は新型コロナウイルスの影響で大変になっています。

新型コロナ感染症と熱中症の初期症状がかなり似ています。
熱が出たり全身の倦怠感があったりして見分けがつきません。

この症状で見分けがつけられないことが医療現場に混乱を招く原因になっています。
例年では迅速な治療ができた熱中症ですが、今年は新型コロナウイルス感染症による症状の可能性もあるため感染症対策をとりながら治療を行う必要があります。

そのため新型コロナウイルス感染者の対応で逼迫しつつある医療現場に例年通りの熱中症患者の数が搬送されたら医療崩壊に繋がってしまう可能性があります。

熱中症体験者から学ぶ熱中症対策

重症化すると恐ろしい熱中症ですが、知識を持てば100%防げる病気でもあります。
そこで医療崩壊を防ぐためにも熱中症体験者のエピソードから対策を学びましょう。

熱中症の意外な落とし穴:睡眠不足

まずは小林さんのケースです。

6年前 夫婦で3泊4日の旅行中だったという小林さん。
最終日前日36度の炎天下の中、熱中症には気をつけてこまめに水分補給はしていたといいます。

しかし、外を歩いて急に急に気分が悪くなって何だか喉が詰まったような感じがしました。
近くの喫茶店に入って休息するものの寒気やめまいを冷や汗など熱中症の症状が現れました。

その原因はよく聞くアルコール摂取による脱水やマスクによる水分補給の機会の減少ではありませんでした。
このケースの場合は旅行が長期になっているので疲れや睡眠不足が原因ではないかと考えられます。

睡眠が足りないと自律神経が乱れ体温調節機能が低下します。
すると熱の放出がうまくできなくなり、体温が上昇して熱中症になりやすくなってしまうのです。

実際 当時の様子を小林さんに聞いてみると夜更かしをしていたそうです。
熱中症予防のため日ごろから十分な睡眠時間の確保をしましょう

熱中症の意外な落とし穴:時間差

5年前の夏 普段通り買い物を済ませ帰宅した西さん。

すると頭が突然クラクラし始め熱中症の症状が出てきました。
遠のく意識の中 電話で救急に連絡したといいます。

119番に電話して家に来ていただいたのですが、入った途端「この部屋暑い」といわれました。
西さんはエアコンが苦手で普段から扇風機派といいます。

おそらくですが、疲労作性熱中症というジワジワ型の熱中症だと思います。

西さんのように日常的に暑さを我慢していると日を追うごとじわじわと疲労が蓄積します。
やがて突然 時間差で熱中症の症状があらわれるといいます。

特に高齢者の方はやはり暑さを感じにくくなってくると思いますので、そういった方には十分注意が必要かと思います。
暑さには我慢せず、こまめな換気をしながらエアコンで部屋の温度を調節しましょう。

病院を受診した方が良い目安

熱中症の初期症状はめまいや立ちくらみの症状が非常によく見られます。
そういった場合にはすぐに涼しい場所に移動して水分を補給をして改善すれば病院に行く必要はありません。

しかし、1時間ほど経過しても改善しない場合は病院へ受診しましょう。
また、意識が朦朧とする場合はすぐ救急に連絡するのが大切です。

熱中症になりやすい人

汗の出る汗腺が未発達の乳幼児や暑さを感じにくくなっている高齢者の方は熱中症になりやすいです。
他にも心臓病や糖尿病、高血圧などの持病も体温調節機能の乱れの原因になるため注意が必要です。

熱中症対策ポイント

首の部分を冷やす場合ときに後ろ側を冷やすことがよくありますが、前側にあてると非常に効果的です。
首の前側には太い血管が通っており、その部分を冷やすことで効率よく体温が下げられます。
さらに脇の下や太ももの付け根にも太い血管が通っているため冷やすことで熱中症対策になります。

熱中症予防にオススメな甘酒

熱中症予防にはオススメなのが甘酒です。

やってきたのが神楽坂にある甘酒専門店です。
北は北海道、南は沖縄まで甘酒が並べられています。

こちらのお店では米麹の甘酒にこだわり、全国各地から厳選した100種類の甘酒を常時 置いています。

米麹から作られた甘酒を選ぶべし

甘酒の種類は主に2種類あります。

冬場によく飲まれる甘酒は酒粕から作られ、微量のアルコールが含まれます。

一方、米麹から作られる甘酒は飲む点滴とも呼ばれ、ノンアルコールです。
塩分・水分・糖分を適度に含むため、熱中症予防にぴったりなのです。

甘酒には整腸作用がある

甘酒の熱中症予防に良いのは他にも理由があります。

甘酒の中の乳酸菌に整腸作用があります。
腸の状態を安定化させることは水分の吸収を安定化させるので非常に大事なことです。

熱中症対策で重要な水分やミネラルは腸で吸収されます。
そのため 腸内環境を良くすることは吸収効率を高めることに繋がります。

熱中症予防にオススメの甘酒「白神ささら」

そんな熱中症予防にオススメの1つが秋田県で作られている甘酒「白神ささら」。
ヨーグルトと甘酒の良いところを足して割った味わいがあります。

ヨーグルトのような味わいの理由は通常の甘酒よりも乳酸菌を多くさせているためです。
この乳酸菌の働きでさらなる成長作用が期待できるそうです。

熱中症予防にオススメの甘酒「黒あまざけ」

続いてのオススメが沖縄県で作られている甘酒「黒あまざけ」。

普通の甘酒より黄色みがかかっているのが特徴です。
フルーツの入ったスムージーみたいな爽やかさがあります。

その爽やかさの秘密は普通の麹ではなく黒麹を使っているからです。
黒麹は発酵の際にクエン酸を大量に生成するため酸味のあるさわやかな甘酒に仕上がるのです。

しかもクエン酸は疲労の回復に役立ちます。
体の中の血流が良くなる作用があります。

熱中症予防にうってつけのアレンジ甘酒「炭酸甘酒」

炭酸甘酒はお好きな甘酒と無糖の炭酸水を1:1で割るだけです。
すっきりとした味で飲みやすいだけではなく嬉しい効果もあります。

甘酒を単体で飲むよりも炭酸水で割って飲むことで、炭酸が腸を刺激して水分の補給や甘酒の栄養を吸収しやすくなる特徴があります。
さらに疲労回復や血流の改善の期待ができますので体温の調節機能を良くすることに繋がり非常に有用です。

あとがき

甘酒に2種類あることを初めて知りました。
熱中症予防に良いのが米麹から作られた甘酒ですね。

実は甘酒あまり好きではないのです。
年末に近くの神社で出された甘酒を飲んだのですが、甘ったるくてそれ以来 苦手になってしまいました。

せっかく買って飲むなら美味しい甘酒を飲みたいです。
お取り寄せの方が楽ですが、不味かったら嫌なのでお店まで行って試飲できないかなとえています。

フォローお願いします