発酵食品を食べて善玉菌を増やして免疫力アップ!『主治医が見つかる診療所』

2020/10/15放送『主治医が見つかる診療所』


実は腸に関して先ごろある重大な世界で初めて発表された研究結果があります。

これまでに2万人ものを検査してきた当番組の主治医である森先生に聞いてみました。
「新型lコロナウイルスにかかった患者さんの腸の中を調べたところ、善玉菌が減っていることがわかってきました。」

香港の大学の研究チームが新型コロナウイルス感染者の腸内細菌を調べたところ、健康な人に比べて腸の中の善玉菌が少なく悪玉菌が多いことがわかったのです。
感染症にかかりにくい体を作るには腸内環境を整えて腸を元気にさせておくことが重要です。

いまや発酵食品が大ブーム

実は今 発酵食品が大ブームです。

今年4月には東京・下北沢に発酵食品専門店がオープンされました。
その名も「発酵デパートメント」。
店内には味噌や醤油といった定番の調味料から珍しい発酵食品まで実に100種以上が販売されています。

今やどの家庭でも何かしら食べている発酵食品ですが、その選び方や食べ方を間違えると十分な効果が得られないこともあります。

そう警告するのは宮城大学で発酵の研究を行っている 金内 誠 教授です。
世界中の発酵食品をまとめた本の執筆を始め、微生物の発酵技術を用いた食品の開発研究を行っている 発酵博士 です。

発酵食品には健康維持に役に立つ菌がいっぱい居ます。
この菌を食べて免疫機能に関わる細胞を活性化することによって病原体に強い体を作ってくれます。

私たちの腸の中には100兆以上の腸内細菌がいるといわれており、発酵食品には乳酸菌など腸の健康を保つために欠かせない善玉菌が豊富に含まれています。

ところが、腸内環境を整えたいからといってただ単に発酵食品をたくさん食べればいいというものではありません。
その正しい選び方や食べ方をしないとその効果は半減してしまいます。

そこで、今回は私たちに身近な三大発酵食品「納豆」「ヨーグルト」「キムチ」の得するポイント損するポイントを教えていただきます。

納豆の効果的な食べ方

納豆のネバネバを作り出しているのが善玉菌の納豆菌です。
ヨーグルトなどに多い乳酸菌は胃酸に弱く腸まで行くことが難しいのに対し、納豆菌は胃酸に非常に強く生きたまま腸まで届きます

納豆は「ひきわり」を選ぶべし

納豆菌は最も多く生息するのは「ひきわり」の納豆です。

納豆菌が生息するのは大豆の表面です。
細かくしたひきわりが最も表面積が大きくなるので納豆菌も多くなります。

同じ量であれば納豆菌が多いのは「ひきわり>小粒>大粒」の順になります。

納豆にごま油をかけるべし

納豆の調味料にも栄養を効率よく取り入れられるお得なものがあります。
栄養の吸収を良くするためには「ごま油」がオススメです。

納豆にはカルシウムが骨になるのを助けるビタミンKが豊富に含まれています。
ビタミンKは油に溶ける性質があり、ごま油と一緒に食べるとビタミンKの吸収が良くなります。

しかも ごま油の風味で一層美味しくなります。

納豆と卵の組み合わせはNG

納豆と卵は残念な食べ合わせです。

納豆に含まれる「ビオチン」は免疫機能を維持するのに重要な栄養素です。
しかし 卵のタンパク質と結合しやすいので卵と一緒に摂ると吸収されにくくなります。

どうしても卵と一緒に食べたい方は、たんぱく質の多い白身を取り除き、黄身だけを加えるのが良いです。

ちなみにネギは納豆に含まれるビタミンB1の吸収力を上げてくれるためオススメのトッピングです。

「ナットウキナーゼ」は熱に弱い

血液をサラサラにする「ナットウキナーゼ」は酵素なので熱に弱いです。
70℃を超える状況では活動しなくなって効果がなくなってしまいます。

「ナットウキナーゼ」をちゃんと体に入るように食べるにはご飯と納豆を別に食べて口の中で納豆ご飯にした方が良いです。

ヨーグルトの効果的な食べ方

免疫力をアップさせ醗酵食品、続いては「ヨーグルト」です。

乳酸菌が豊富に含まれているヨーグルトは様々な食材と相性が良く主役にも脇役にもなる発酵食品です。
食べ合わせでさらに相乗効果も期待できます。

ヨーグルトはナタデココと食べるべし

特にオススメするヨーグルトに入れると発酵パワーがアップする食べ合わせは「ナタデココ」です。

実はナタデココはナタ菌で発酵させた発酵食品です。
ナタ菌は酢酸菌の一種で、ナタ菌をココナッツに含まれる水に加えて発酵させることでナタデココができるのです。

つまり ヨーグルトの乳酸菌とナタデココのナタ菌が同時に取れて発酵パワーがアップするのです。
しかも低カロリーで食物繊維も豊富なので整腸作用も期待できます。

キムチの効果的な食べ方

キムチはヨーグルトと同じ乳酸菌の発酵食品です。

実は日本では酸っぱいキムチを好まない人も多いため、発酵させずに味付けだけしたキムチの商品があります
酸っぱいキムチほど乳酸菌がそれだけ生育しているということなのです。

見分けるポイントとしては、韓国産の発酵キムチには「キムチくんマーク」が付いています。
国産のキムチにはラベルに乳酸菌や乳酸菌発酵液と書かれていれば発酵していると考えて良いです。

キムチは海苔と食べるべし

海苔はキムチの生きた乳酸菌をパワーアップさせる相性抜群の食材です。
海苔に含まれる水溶性食物繊維が餌となり、乳酸菌が活性化すします。

発酵食品まとめ

  • 納豆菌はひきわりが多い
  • 納豆にごま油で栄養吸収アップ
  • ヨーグルトにナタデココでパワーアップ
  • キムチは海苔がオススメ

テレビの前の皆さんも上手に発酵食品をとって免疫力をアップさせましょう。

あとがき

本当に発酵食品が大ブームですね。
コロナ禍で皆が免疫に興味を持っているのでしょう。

私もその1人です。

発酵食品の専門店に大いに興味があります。
是非一度行ってみたいと思いました。

フォローお願いします