令和の最新美容整形スペシャル!失敗しないための新常識『ほんまでっか!?TV』

2020/11/25放送『ほんまでっか!?TV』


こっそり綺麗になりたいあなたに空前のチャンス到来かも!?

このコロナ禍より出社せずにリモートワークが急増し、マスクで顔を覆うことが当たり前となった今、鼻や口元などを整形する人が増加しています。

さらに今年は年末年始に海外旅行も行けない中、政府は正月休みの延長も検討するそうです。
この年末に美容整形を行う人が急増すると予想されています。

そんな中 実は今 美容整形会では大きな変化が起きていました。
そこで今夜は美容整形界における新常識を発表します。

第超最新!令和の整形の主流は「ナチュラル整形」

美容整形外科・小野先生

平成と令和の整形事情を比べたときに患者さんのニーズがよりナチュラル志向する声は間違いなくあります。
数年前は日本人のニーズとして「外人顔になりたい」とか「ハーフ顔になりたい」という西洋系の顔が人気でした。

最近は「アジアンビューティー」といって日本人の顔に調和した形になりたい方が増えてます。
鼻に限っても低くない・太くない・短くない・丸くない、そういった存在感のない鼻が求められている傾向にあります。

コロナの影響で美容整形業界患者はかなり増えた!?

美容整形外科・小野先生

リモートワークの増加でダウンタイムを気にせずに大きな手術もできるようになったということで患者が増えている傾向にあります。
さらにマスクをしての外出が増えたので鼻・口・輪郭の整形をうける人が増えています。

メスを入れないメンテナンス整形が主流に!?

美容整形外科・上原先生

最近の美容整形はメスを入れて手術するだけではなく、気軽にメンテナンスできる整形が増えています。

その中で最近とても人気なのが「ハイフ」というプチ整形です。
ハイフという機械を使って超音波で皮膚の中の1点に照射します。

焼肉を焼くと肉が縮むように、照射した箇所が火傷して縮むことでお肌のたるみが取れて引き締まって小顔になります。
芸能人の方でも非常にやられてる方多く、最近は10代ぐらいの若い子もやっています。

顔のたるみ治療は難しいですが、ハイフは高い効果が得られやすい機械です。
ハイフは今出ている機械の中で一番痛みが少ないのが売りといわれています。

さらに昔は30分以上かかったのがハイフだと約15分でできてしまいます。
ハイフによるメンテナンスはメーカーの推奨では6ヶ月に1回とされています。

ただ私(上原先生)が思うにはぐっと良くしたかったら最初は3ヶ月に1回ぐらいのペースで3回ぐらいやるとすごい変化がわかっていただけると思います。

ワイフの値段は医者が打つか看護師が照射するかで値段が変わります。
医者が照射する場合は1回約10〜20万円ぐらい、看護師さんが照射する場合は少し安価なります。

ハイフは医療行為と規定されているので医療機関でしか行ってはいけないものとされています。
個人やエステでハイフをやることは本来は正しくないことなので皆さんには注意していただきたいと思います。

歯の矯正も「バレない矯正」に激変!?

デジタル歯科・丸尾先生

一番古いのがワイヤーもブラケットも全部金属でした。
それがブラケットが透明になり、今ではワイヤーも白くなって非常に目立ちにくくはなりました。

ボタンを裏側につける いわゆる歯の裏側矯正、最近ですと透明のマウスピースを装着するだけ矯正ができるものもあります。
マウスピース矯正に関しては基本的には1日20時間 装着していただきたいのでお食事をする以外はつけていただくことになります。

マウスピースの型取りは今までは粘土みたいなものを口の中にいれて2〜3分保持していましたが、今は技術が進んでカメラを使って3Dスキャンができるようになっています。

おでこの生え際を触毛して小顔に見せる女性続出!?

美容整形外科・長井先生

女性の中にも一定の割合で我々男性みたいにおでこの生え際がM字の方がいます。
M字の生え際を植毛で丸くする女性が増えており、小顔効果もあります。

実は長井先生自身も植毛をやっています。
生え際は基本的にお薬で良くなりにくい部位なので植毛をし、頭頂部は薬を使って良くなっています。
健康的な毛を移植するので、植毛した部分の毛は伸び続けます。

1株が当院では900円でやっているので3000株であれば900円×3000株で270万円になります。
※クリニックによって値段が異なります

男性型脱毛症(AGA)は実は10代から最近増えてきています。
しかし痛みもかゆみもないので気づきにくいです。

AGAに簡単に気づく方法があります。
おでこの生え際の境界線がはっきりしていればAGAではありません。
ところが、境界線が少しぼやけていればAGAのである可能性があります。

初期段階でAGAと分かれば植毛前に薬で治療することができます。
AGAは進行性のため、薬をやめると再び薄毛になる可能性が高くなります。

今流行の自宅でできる美容整形アイテムは実は超危険!?

美容整形外科・上原先生

最近はコロナ禍もあって「おこもり美容」というような感じでおうちでいろいろな美容にチャレンジされる方が増えたと思います。

ただ、物によっては美容クリニックで扱うような技術を要するものをネットで購入することもできます。
実は非常に危険なものが混ざっています。

例えば最近流行っているのは、針がたくさんついているペン型のタイプで顔にゴリゴリ穴を開けるものですが、毛穴効果はありますが正しい使い方をしていないと10〜20年後にシワの原因になる可能性もあります。

プチ整形のリスクは実はプチではない!?

美容整形外科・小野先生
美容整形外科・福田先生

プチ整形の合併症とかトラブルを直すのは全然プチでは済まない事例が多いです。

例えば鼻先にボール状を鼻の中からちょっと突っ込むだけで簡単に鼻先がツンと高くなったり長くなったりできる仕様があります。

多くの場合は安全にやることができますが、稀に鼻先の皮膚にめり込んできて赤くなったり痛くなったりすることがあります。
それを直そうと思ったら軟骨や筋膜などを移植して元に戻さないといけないので大手術になることがあります。

他にもヒアルロン酸の入れすぎて膨らみすぎることがあります。
唇が大きくなってしまったり涙袋がナメクジみたいになってしまったりすることもあります。

これらは溶かせるので大丈夫ですが、問題はヒアルロン酸が血管に入ることがあるということです。
ヒアルロン酸が血管に入ってしまうと血管が詰まって皮膚が死んでしまったり、鼻に入れたら目の方に流れて目の見える視野が狭くなってしまったりすることがあります。

こうなってしまうともう助けられないので、プチ整形で簡単と思ってもリスクはあると考えてください。

超最新美容整形!自分の体から取った脂肪を顔に入れハリを出す!?

美容整形外科・大橋先生

身体のいらない脂肪を取って顔に入れて若返る方法です。

年を取ってくると脂肪は落ちてくるものです。
顔の脂肪がどんどん落ちていくので脂肪を入れて若いときの立体に戻します。
脂肪注入することで肌質も綺麗になります。

例えば額を丸くしたいときは約30万円、頬のコケを直したいときは約15万円くらいになります。
拒絶反応が起きやすいので本人の脂肪を移します。

最近ではシックスパックを脂肪吸引で作る方が増えてます。

意外な流行整形!鼻の下を1cmに短くしたい若者が急増!?

美容整形外科・福田先生

最近なぜかわからないけど鼻の下を短くする整形がすごく流行っています。
「可愛い子は鼻の下が1cmが多い」と言って自分も1cmにしたいという方が増えています。

あとがき

美容整形こわい!!

有村架純の姉が口元を整形して本当に綺麗になったのですよね。
常に妹と比較されて辛かったけど整形することで気持ちが軽くなって人生が楽しくなった、みたいなことを話していました。

その話を聞いたときに、人生が楽しい方に変わるなら整形はアリかもしれないと思うようになりました。
ただ、整形はコストもリスクも非常に高いのでやりすぎは良くないと思います。

フォローお願いします