【韓流ドラマ】『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』感想

韓国消費者ブランド委員会が主催する「2018 今年のブランド大賞」のドラマ部門で受賞した韓流ドラマ、『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』が日本で放送されました。
本作は、年下彼氏と年上彼女のラブストーリーが韓国で大きな反響を呼び、空前の大ヒットを記録したドラマです。

『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』の主演者

主演はチョン・ヘイン

主演を務めるのは『トッケビ』の「テヒお兄さん」役で注目され、さらに「あなたが眠っている間に」で女性の心を鷲掴みにしたチョン・ヘイン。
爽やかで可愛い笑顔、男らしい行動が彼の人気の秘密です。

今最も勢いある注目俳優の一人です。
今後の活躍がとても楽しみです。

チョンヘインの恋人役ヒロインはソン・イェジン 

そんなチョン・ヘインの相手役ユン・ジナをソン・イェジンが務めます。
『私の頭の中の消しゴム』で人気を集めた韓国トップの女性で、本作が5年ぶりのドラマ復帰だったそうです。

わたしは彼女を全く知りませんでしたが、本作をキッカケに『私の頭の中の消しゴム』も観てみたくなりました。

『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』の良いところ

女性が共感する場面が多くありました。
なによりもチョン・ヘインが演じるソ・ジュニがとても可愛く、彼の笑顔を見ているだけで癒されます。

平凡な感じが良い味を出している

ドキドキハラハラするようなお話は一切ありません。
誰にでもあるごく普通の男女の物語が続きます。

35歳のユン・ジナは結婚のプレッシャーや職場でのセクハラ問題等、女性が抱える身近な悩みを抱えています。
そんな彼女だからこそ、視聴者は自分事のように捉えられるので本作にどっぷりとハマってしまうのではないでしょうか。

普通ではないのは、イケメンの年下に純粋に想われ、交際するようになるということですかね。
イケメンの年下に想われるなんてなかなかありませんからね。
うらやましい!

職場でのセクハラに立ち向かうヒロインがカッコいい

職場で男性社員にセクハラを受けるも耐え続ける女性社員たち。
ある日、セクハラに屈しないと決心したヒロインが男性社員に疎まれながらも耐え忍んで戦い続けます。
理解ある女性上司が身近にいることがせめてもの救いでした。

最終的に女性社員たちが立ち上がり勝利を掴み取ったときは本当にスカッとしました。

セクハラ上司に対してヒロインが言った一言が印象的でした。
「あなたの末っ子の娘が成長して、わたしと同じ目に遭ったらどうしますか?」

家族ぐるみで付き合いのある弟分が彼氏になってドキドキハラハラ

チョン・ヘインが演じるソ・ジュニはソン・イェジンが演じるユン・ジナの両親に息子のように思われて家族のような付き合いがありました。
ユン・ジナもまたソ・ジュニを弟のように可愛がっていました。

そんなソ・ジュニとユン・ジナが恋人関係に変わり、家族に隠れて付き合うようになります。

家族に気づかれないか?
家族に反対されないか?

二人は様々な不安を抱えながらも愛を育んで障害を乗り越えていくのです。

フォローお願いします