なぜ「えーと」とか「あのー」とか言うの?『チコちゃんに叱られる』

2019/9/6放送の『チコちゃんに叱られる』
吹石一恵さん、星野源さんをゲストに迎えています。

チコちゃん「なぜ『あのー』とか『えーと』とか言うの?」

発言権をキープするため

詳しく教えてくださるのは、会話やコミュニケーションに詳しい千葉大学の「伝える」とかいて伝(でん)教授。
さすがコミュニケーションの先生ですね。

「えーと」「あのー」は人の心を引きつけるテク

「えーと」とか「あのー」というのは言葉が出てきにくいときにその場を繋ぐために出るような言葉です。

他の人に喋られてしまうので避けるために「えーと」ということで周りの人は黙ってしまい発言権がキープできます。
こうした言葉が「間を満たす」「埋める」という Fill から「フィラー」と呼ばれています。

日本語には様々なフィラーが存在しますが、その中でも有名なフレーズが田中角栄元総理大臣がたびたび口にしていた「まあ」。
重要な話の切れ目とかそういうところで使ってたじゃないかと思うので、聞いてる人の集中が途切れそうだったときにもう一度注目を引き付けるというテクニックとして使えてたんです。

やっぱりさすが衆参両院だなあと思っておるわけでありまして、「まあ」で聴く人の心を引きつけた発言を譲らない。
フィラーを巧みに使った話術で国民的人気を博し、総理まで上り詰めたのかもしれません。

二大フィラー

私達も日常的に使っているフィラーですがその中でも最も使われている二大フィラーといわれているのが、実は「えーと」「あのー」の2つです。

この2つの言葉は似ているようで全く使い道が違います

例えば、気になる異性の人とデートに誘ったりしたときに相手からの第一声が「えーと」か「あのー」かで断られるかがわかります。

「えーと」は検索している

デートに誘った第一声が「えーと」であれば、脈がありそうです。

「えーと」は主に何かの目的があって、基本を検索しているときに出ます。
この場合はデートに行くために日曜日の予定を思い出そうとしているのです。

「あのー」は表現を考えている

デートに誘った第一線が「あのー」であればダメそうです。

「あのー」はどちらかというと、もう言いたいことは決まっているけどどういう表現しようかと考えている、主に表現を考えるときに出ます。
この場合はデートには行きたくないためにどう断ろうか表現の仕方を考えているのです。

所感

「えーと」「あのー」の使い道が違っていて面白かったです。

無意識に発するフィラーですが、今度少し意識してみようと思いました。
やたらとフィラーを発言する人がいたら、その人はとても喋りたいんだなとかその場をコントロオールしたいんだなと色々とわかりそうです。

フォローお願いします